Akiya
相続などでお悩みの方
(空き家・土地関係)

  • TOP
  • 相続などでお悩みの方(空き家・土地関係)

相続した不動産の活用方法に
お悩みではありませんか?

血縁の方が亡くなり、物件や土地といった不動産を相続したものの、まったく活用できていないという方は少なくないのではないでしょうか。どんなに条件の良い物件や土地であっても、上手に活用できなければもったいないです。

相続した不動産は放置せず、まずは不動産会社に相談してみましょう。大津市・草津市不動産売却パートナーでは、使い道がないからと放置している空き家や土地でも収益を得られる方法をご提案しています。

相続される前に
押さえておきたいこと

誰が受け継ぐのかで変わります

誰が受け継ぐのかで変わります

不動産などの遺産を受け継ぐ相続人が誰になるのかはすでに決まっているでしょうか? たとえ条件の良い空き家や土地の遺産があったとしても、誰が相続するのかがはっきりしていないと財産が宙に浮いたままになります。また、どのような立場の人がどのような不動産を相続するのかによって、その後の対処方法も変わりますので事前に決められることは整理して決めておきましょう。

分配の割合は考えていますか?

分配の割合は考えていますか?

テレビドラマなどでもよく取り上げられている通り、相続でもっともトラブルになりがちなのが遺産の分配に関する問題です。基本的には、民法に則って定められている法定相続人や法定相続分に従って分配することになります。それと異なる割合で分配することもできますが、遺言書を残しておく必要があります。また、土地や建物のような不動産を分配する場合、現金などとは異なり分配方法も複雑になりがちです。

相続税を支払うことはできますか?

相続税を支払うことはできますか?

遺産相続すると、相続したものに対応した相続税を払わなければなりません。土地などに大きな価値がなければ問題ないのですが、都市部のような人気のある立地に不動産があった場合、評価額に合わせた高額な相続税が発生することもあります。受け継ぐのであれば、相続税を支払えることが大前提になります。

使わなくなった空き家
売却したほうがメリットが
あります

空き家を傷んだままの状態で放置していると、家屋のさらなる劣化が原因で犯罪などに巻き込まれるといったリスクも考えられます。さらに現在では危険な状態の空き家に対して特別な措置が取られるようになっているため、早めに売却したほうがメリットは大きくなっています。

高い固定資産税など無駄なお金を払わなくてよい

誰も住んでいない状態であっても、空き家を所持しているというだけで固定資産税がかかります。また、建物には価値がなくても土地の評価額が高い場合は、高額な固定資産税がかかり続けることもあります。さらに、倒壊の危険性があったり衛生面で問題があったりする空き家に対しては税金が約5倍掛かる可能性があります。空き家を売却してしまえば、高い固定資産税を払い続ける必要がなくなります。

PICK UP
空き家にかかる
固定資産税とは?

誰も住んでいない空き家であっても税金がかかることをご存じですか? 空き家でも、住まいと同様に固定資産税と都市計画税の2つの税金が課されます。一般的な算定方法は以下の通りです。

  • 固定資産税:課税標準×1.4%
  • 都市計画税:課税標準×最高0.3%
常に発生してしまう維持費がかからない

常に発生してしまう維持費がかからない

人が住まなくなった家は、放置しているだけで劣化が進んでいきますので、廃屋にしたくないのであれば、所有者は税金以外にも維持費を賄う必要が出てきます。もし、維持管理をしなければ、数年で壁や天井に穴が空き、屋根が崩れ、いずれ倒壊してしまうケースもあります。仮に老朽化した空き家の倒壊に通行人が巻き込まれた場合、損害賠償を支払わなければならないのは空き家の所有者です。だからといって、管理を不動産会社に任せても、お金ばかりがかかってしまいます。

いずれにしても空き家といえども持ち続ける限り出費が嵩んでいくものです。そのため活用できていない空き家は売却して手放し、一切の維持費から解放されることが賢い選択と言えるでしょう。

PICK UP
税金以外にかかる
維持費とは?

空き家とはいえ、住宅を廃屋にしたくないのであれば、家としての機能を維持するために換気、通水、掃除などのメンテナンスなどの十分な管理が必要になります。また、空き家のまま持ち続けるのであれば、税金はもちろんですが近隣トラブルなど何か不測の事態に備えて保険加入が必要になったり、物件を維持するための月々の固定費、管理費などが発生したりします。

解体費用について考えなくてよい

解体費用について考えなくてよい

昔であれば、空き家が劣化してしまっている状態でも所有者が解体しないかぎり、そのまま放置されていました。しかし現在では、行政代執行により強制的に解体されてしまう可能性があることをご存じでしょうか? 強制解体時の費用は所有者に請求され、支払えない場合は財産を差し押さえられてしまうこともあります。

空き家を売却しておくことで、行政による解体費用の請求などもなくなります。

活用しない土地を売却するときの
3つのポイント

ポイント1 地域の相場を含めて、対象の土地の価値を知りましょう

土地を売却するのであれば、まずはその土地の価値を知っておくことが大切です。地域ごとに相場がありますので、その土地がある地域の相場を調べ、対象となる土地の査定をしてもらいましょう。査定価格を確認したあとで売却を進めるかどうか決めてもいいでしょう。

ポイント2 査定はいろいろな会社に聞いてみてもOKです

不動産売却は大きな金額が動くものであり、できるだけ失敗しないよう立ち回ることが大切です。査定をしてもらうことは必要ですが、一社だけに依頼すると偏りが出ることもありますので、複数の会社に相談してみて査定内容を見比べてみることをおすすめします。

ポイント3 土地の状態をできるだけキレイにしましょう

どんなに条件の良い土地であっても、ゴミや雑草などが目立つようでは買い手は付きません。売却するのであれば、自分自身が顧客になったつもりになって買い手の立場から見て魅力的な状態にしておきましょう。

空き家管理プランのご紹介

空き家管理プランについて

当社では、地域密着ならではのネットワークを活かし、オーナー様のご要望に応じて様々なプランをご用意しています。
まずはご要望をお伺いした上で最適なプランをご提案しますので、お気軽にご相談ください。

管理内容 屋外対応プラン 屋内外対応プラン 屋内外清掃プラン
基本事項 月1回管理報告
(月次レポート)
売却査定
活用相談
防犯確認
クレーム一時対応
災害時臨時巡回・報告 ※1
屋外 郵便ポスト確認
外壁や雨どいなど
目視確認
近隣住戸の確認
外観撮影(上限4枚) ※2
屋内 通風・換気 ×
通水確認 ×
雨漏り・カビなどの
目視確認
×
屋内撮影(上限4枚) ※2 ×
+α 管理看板の設置 × ×
室内清掃 × ×
草むしり × ×

※表は左右にスクロールして確認することができます。

※1 災害時臨時巡回・報告に関して
代表の身の安全が確保できる範囲での対応です。 また、災害後の状況確認込でのサービスとなります。

※2 外観撮影・屋内撮影について
基本的には、スマートフォンでそれぞれのプランに合わせた撮影を行います。
撮影枚数や撮影箇所など、ご希望の内容によっては追加で費用を頂く場合もございますのでご了承くださいませ。

カスタマイズプランについて

※上記プラン以外にも、ご相談内容によってお客様に合わせたカスタマイズプランも対応しております。
詳しくはお電話、もしくは問合せフォームよりご相談くださいませ。

料金と契約内容について

お客様の資産状況に合わせた最適なプランも対応しております。
管理期間や料金についてなどお気軽にご相談ください!

管理期間 屋外対応プラン 屋内外対応プラン 屋内外清掃プラン
1ヶ月 1,900円 2,700円 4,200円
6ヶ月 10,000円 15,000円 25,000円
12ヶ月 20,000円 30,000円 50,000円

※表は左右にスクロールして確認することができます。

PICK UP
農地・田んぼなどの売却の
ご予定はありませんか?

大津市・草津市には、農地や田んぼがたくさんあります。しかし、ここ近年でも離農する方は多く、残された農地をどうするか迷っているというお悩みを聞く機会も何度もありました。大津市・草津市エリアの農地・田んぼなどの売却を考えている方は、ぜひお気軽にご相談ください。まずはさまざまな角度から農地の状態を確認し、ご納得いただけるような売却方法をご提案します。

大津市・草津市不動産売却パートナーが多くのお客様に選ばれる理由をご案内しています。

to top